2006.09.02

対談イベント「シリコンバレーのビジネス風土とオープンソースの思想」に参加して

ひさしぶりにITビジネスに関する投稿となります。

昨日、対談イベント「シリコンバレーのビジネス風土とオープンソースの思想」に参加した。すでに、Youtubeに映像や内容については、各種報告がでているだろうが、先入観なしとするため、それを一切読まずに対談者である梅田氏と吉岡氏の言葉でよかったところや気になった部分に対してコメントしてみたい。

「今だにオープンソースが一番おもしろい、そしてまったくわからない」(梅田氏)

これにはまったくアグリー。ロングテールだ、Web2.0だ、 フィードないろんなはやり言葉があるが、僕もこれは本当によくわかない。わからないが影響力ははかりしれない。 ロングテールやWeb2.0は数年後には誰も言わなくなるかも知れないが、オープンソースは別であろう。

「たかがシリコンバレー、されどシリコンバレー」(梅田氏)

梅田氏がよく使うフレーズ。たぶんわかる人にはわかるが、 わかる人にはわからない。シリコンバレーのある一定時期の熱風を体験していないとわからないのではないだろうか? 僕がシリコンバレーで生活した2004~2005年はもうそういう時期ではないから、本当のところ実は僕もわからない。 そのにおいのする人には会いはしたが。。

「面白いものは人間がつくる。野球のソフトウェアも同じ」(吉岡氏)

人間誰しもできるなら「面白い」仕事がしたい。 オープンソースの世界で貢献している(ソースを書く)人たちは「面白い」からやっているんだろうなと思う。 そういう意味ではオープンソースの世界は草野球の世界に似ているのかもしれない。

「タレントを無駄使いしてはいけない」(吉岡氏)
「グーグルの中はオープンソースの開発組織に似ている」(梅田氏)

人がのびのびできる環境を作れば、人やチームの「生産性」 は最大になるということ。グーグルは純粋ば組織を集めて培養された大きなビーカーなのだなと感じた。日本ではグーグルみたいなことを 「はてな」がやりかけているのかもしれないが、すべての組織がそれを目指したら大変なことになる。また、 日本のグーグルが本家アメリカのように成功していないことを考えると日本はやはり特殊なのかもしれない。

ネットスケープのオープンソース公開は衝撃的だった。(吉岡氏)
ライセンス販売でしか商売できないと思っていた。(吉岡氏)

当時はニュースとしては知っていたが、僕には意味がよくわからなかった。 吉岡氏のようなプロフェッショナル・プログラマーにはそう見えたらしい。

オープンソースははじまってわずか8年。わかったつもりになるとあぶない。 物理現象として理解すべき。(吉岡氏)

世の中にはわからないものがある。 現象を論理として説明できないということだろう。アダムスミスを真っ向から否定する内容だけど、こういう指摘はよく理解できる。

オープンソースの歴史の意味 相当普遍的なもの(吉岡氏)
善意の総和は悪意の総和より大きい(吉岡氏)

これは多分正しい認識だと思う。通常の現実の世界は国(国境)や民族、 物理的な遠さが善意の総和をやりにくくしている。しかし、ネットの上に存在するオープンソースのコミュニティ (梅田氏は組j織と言っていた)には、それがない(薄い)ので、善意の総和が可能なのだろう。

まとめ
梅田氏のお話は、従来の主張どおりのもので、彼の本やブログを読んだ人にとって、あまり新しい話はなかったのではないだろうか。はてなの近藤氏の渡米に関するエピソードは面白かった。 むしろ、僕が感銘を受けたのは吉岡氏の話である。自分の「やりたいこと」、「できること」に加えて、「やらなくてはいけないこと」という使命感がしっかりあることに正直感動した。ああいう人がいるから、この業界はまだまだ面白いと思う。

またオープンソースをビジネスとするのでは、現在は株式会社ではなくNPO法人としてやるのが、 コミュニティにもっとも同意を得られるやり方かもしれないと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.22

セブンイレブンでiPod

051120_090201.jpg

リンク: asahi.com: iPod、コンビニにも セブン―イレブンが販売へ?-?デジタル.

コンビニエンスストア最大手セブン―イレブン・ジャパンは、アップルコンピュータの携帯音楽プレーヤー「iPod」を全国の約1万1000店で10月下旬から販売する。アップル製品がコンビニで販売されるのは初めて。

昨日セブンイレブンに行ってびっくり!なんとiPodが売られているではないか?ますます標準の地位を閉めることになる。
まわりにiPod nanoを持っているひとも増えてきた。これから買いたいという人もまわりに多い。

ソニーはますますきびしくなるなあ・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.03

ダン・ギルモア氏を囲んでに参加して

リンク: FPN-ニュースコミュニティ- 「ダン・ギルモア氏を囲んで」イベントレポート集.

めったに日本でお会いできる機会が無いダン・ギルモア氏と、短い時間ではありましたが多くのブロガーの方々とQAセッションや懇親会の時間を取ることができ、非常に貴重な機会だったのではないかと振り返っています。

アメリカにおける草の根ジャーナリズムの第一人者で、自ら草の根ジャーナリズムのベンチャー事業を立ち上げたダン・ギルモア氏のイベントに先日参加してきた。

すでにいろんなところにその状況が伝えられているので、僕があえて詳細を伝える必要はないが、いろんなブログにでている感想などを読んで思ったことがある。

ブロガーはジャーナリストになりたいのだろうか?
ブロガーはジャーナリストなのだろうか?

方々で参加者やギルモア氏のジャーナリズムという言葉に対する定義があいまいで、議論がいまいちかみ合わなかったことが伝えられている。では一歩進んで考えると、ブログを書く人たち、いわゆるブロガーはみな「ジャーナリスト」なのか?ということだ。

少し言葉について調べてみる。

はてなで「ジャーナリスト」を調べると下記のような定義がある。

時事的なものについて分析したり、何かを語ったり書いたりすることを職業にしている人間として、評論家よりも若干時事的な事物(モノ・人・場所など)に直接接したりすることが多い。

いまいち意味不明だが、職業=専門性、プロフェッショナルととられている人が多いのではないだろうか?とすると多くのブロガーはジャーナリストではない。そうでない人もたくさんいるが・・

英和辞書でJournalistを調べると「新聞雑誌記者[寄稿家,業者]; 報道関係者」と出る。

ではJournal を調べると下記のような結果となる。

1a 日誌,日記 《★【比較】 通例 diary より文学的なものをいう》. b [the Journals] 《英》 国会議事録. 2 a 雑誌,定期刊行物. b (学術団体などの)機関誌. c 日刊新聞. 3 【海】 航海日誌. 4 【簿】 仕訳(しわけ)帳. 後期ラテン語 diurnlis ‘daily' から

ポイントは書いた本人が書いた事に対して責任を持ち、他人に読まれることを前提にした場合すべてがJournalになるのかもしれない、ブログは当然他人に読まれることを前提にしたメディア、手段だからジャーナリズムと考えるのが自然かも・・・

後は読み手の数が草の根か市民か地域かマスかを決めてゆくのかもしれない・・メインとマスは似ているようでぜんぜん違うなあ・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.20

[IT]プラットフォームとしてのソフトウェア・サービス

Salesforce.comがアプリケーションのプラットフォームサービスであるAppexchangeを開始した。進化を続ける同社の新しい戦略、SiebelやIBMの追撃をかわすための戦略などを見ることができる。

ITmediaが実施したマーク・ベニオフのインタビューを引用しつつ考察してみる。

Interview:世界初のエンタープライズアプリケーションのユーティリティー企業を目指すSalesforce

■ロングテール理論の実践

インタビューではロングテール論の実践と書かれている。従来の業種を問わないCRMにフォーカスしたアプリケーション提供に加え、多種多様なエンタープライズアプリケーションを容易に提供できるようにすることをさしている。今後成功するかは、どんなアプリケーションが提供されるかだ。詳しく調べる必要があるが、Appexchangeで作成されたアプリケーションの扱いはどうなるのか、そのあたりも注目すべき点だ。

■アプリケーションの作成者はSIベンダ、パートナーに加えて顧客へ

WikiやBlogなどのツールが既存のジャーナリズムの枠を超え、一般の人々に簡単で安価な情報発信のツールを与えたことに似ているかもしれない。顧客の作成したアプリケーションの利用が、ベンダの開発してアプリケーションを機能や利用度の点で凌駕するとき何かが起こるかもしれない。

■普及はキラーアプリ次第

ベニオフ氏がインタビューの中で答えているように、普及はとにかくアプリケーション=ユーザから見た実物だ。

■新しい流通チャネル

Appexchangeは新しい流通チャネルにもなるかもしれない。今後開発されたアプリケーションの認証や課金などを行ってゆくのではないだろうか?そう考えてホームページをチェックしたらSalesforceの日本のサイトでは「マーケットプレイス」と紹介されている。

同社の米サイトにはすでに相当数のアプリケーションが登録されている。多くは既存のパートナーが開発してものであるようだ・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.09.12

[IT]日本におけるRSS/Blogの現状

今日は最近読んだ本を紹介する。日本におけるRSS/Blogの最先端を知りたい人は是非お勧めである。

ビジネスブログブック イントラブログと社内SNSの可能性

著者はH社でBlogビジネスBoxerを立ち上げた小川浩氏(現在はサイボウズ社)である。

イントラブログという言葉を使ってこれからの企業内外のRSSなどの技術を利用して情報共有のあり方を整理、議論している。

本から抜粋したイントラブログの定義は下記のとおり。

イントラブログとは、XMLに準拠したHTMLであるXHTMLによって記述され、RSSを自動的に生成できるセマンティックなイントラネットである。

イントラブログは、経営者からの情報発信や、社員からの情報発信をほぼリアルタイムに反映し、知りたい人や知らせたい人に対して適切な情報が適切なタイミングでデリバリーされる、ダイナミックかつライブなイントラネットである。

よく分かるようでわからない定義である。ぼくなりに整理すると下記のとおり。

・Blogツールがもつ更新のしやすさ。
・RSSによる適切(タイミングなど)な通知
・検索(Google+テクノラティ)
・社内データのXML化。

事例としてカシオ計算機やはてな、インフォテリア、IBMなど、日本におけるRSS/BLOG関連のビジネスプレイヤーについても分かりやすく整理されている。自分で調べることを考えたらとってもお買い得である。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.18

【IT】情報リテラシーと生産性

情報リテラシーとは「情報機器やネットワークを活用して、情報やデータを取り扱う上で必要となる基本的な知識や能力」のことを言う。出典は→こちら

要はコンピュータを道具と正しく理解し、正しく利用することなのだ。最近、その能力が著しく低い一部の人のために、全体の生産性がとっても低下しているのではという疑問を感じるようになった。

具体的に言うと日常(パソコンを使う時間)のほとんどを閉めているオフィスアプリケーションに対する知識、経験が人によって、とんでもなくかけ離れている場合が多い。

最近聞いた具体的な例だ。

・課長にMS Wordで文章を作れと命じられたAさんは、2日後すべて図形描画のテキストボックスで作成したきた。

・営業から電子メールでエクセルファイルをもらったBさんは、部長から印刷を求められ印刷したが、どうしても1枚に入りきらない。「作成元の作り方が悪いんです、電話します」と怒り気味だ。

エクセルを利用しているのに最終的に電卓で再計算したり、計算式がはいっているセルに数字を直接いれて計算式をつぶしたりなどこの手の話は尽きない。

どちらかというと年配の方の問題だと思っていたら、若者にもけっこう信じられないことをする奴もいる。大学のゼミや研究室でコンピュータそのものに触れてはいても、もともとそこが変な使い方をしていた場合などにそればおこる。「なんだお前これ?」「はい?」という感じになる。

ネットを検索すると、公式に公開されているドキュメントでも考えられないような作り方をしているものに出くわす。個人を槍玉にあげて笑っていられるのならよいのだが、もっと組織を見渡すとほっておいてよい問題ではないことがわかる。

さてさてどうしたものか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.07

フィードビジネスの未来

RSS/Atomなどのフィードという技術をビジネスにしようとしている業界団体FBSのイベントに参加した。

頭を整理するのにとても役にたった。
インプレスおよびITmediaにはすでにこのイベントに関連した記事が掲載されている。

「2009年に2000億円」、RSS/Atomフィードのビジネス活用推進団体が初会合

フィードビジネス・カンファレンス:RSS/Atomフィード需要拡大の先に見えるもの

(株)RSS広告社 田中社長は、RSS/Atomなどのフィードを利用したプレイヤーを1)配信レイヤー、(2)付加価値レイヤー、(3)受信レイヤーの3層にわけて、それぞれの概況を述べてくれた。「市場をもりあげなくてはいけない」で講演(どちらかいうと講義に近い)をはじめた田中社長は「日本語解析」が検索と同じ技術の肝であり、最後には「技術力」と「営業力」のパワーゲームになるのではないかと言われていた。

3層を図式したものは記事と一緒にこちらにある。

どうやらマイクロソフトはIE7.0にRSS機能をのせるらしいので、3層目のビューワーの世界はいずれ彼らの世界になってゆくのかもしれない。

下記は前述の記事を一部引用。

「あくまで仮説であるが」と前置きしながらも「2009年には280万ユーザーがフィードを利用し、市場は約2000億円程度になるのでは」と予想する。佐藤氏によると、現在約8000万人のインターネットユーザーが月間平均で約15時間インターネットを利用しており、年間約5.6兆円のB2Cコマース消費を作り出しているとのことで、これらの拡大とともに、この中からユーザーがフィードに費やす時間や金銭の増加が見込めるとのことだ。

記者って発表者のソースのぜんぜん裏とらないんだ(そのままかい!)、と正直驚きであるが、フィードというものが情報の消費の仕方を大きく変えてゆくことは大きく同意ができる。

マイクロソフトはRSSやAtomなどの専門用語がフィードの一般的普及をさまたげているとして「Webフィード」という言葉に変えてゆこうと提唱しているようだ。

株式会社テクノラティジャパン 佐藤匡彦氏の話で面白かったのはユーザのインターネットの利用の志向が「ブランド軸」から「目的軸」に変わったと指摘された点だ。必要な情報にたどりつく際の、ポータル、検索エンジンの利用の仕方をさしてそういうらしい。ブログやトラックバックなどの従来のやり方とは違う、人・情報のリンク、集積がそれを実現しているだろう。

「Blog/Feedはゆるやかな情報共有、指向性低い情報を伝達するツール」と説明してくれたサイボウズの小川氏の説明はとてもわかりやすかった。企業ないでBlogをどう利用するかという点をサイボウズ社内の事例をもとにわかりやすく説明してくれた。「なんとなく知らせたい」「なんとなく知っておきたい」情報を伝える、「見たよ」って返事しなくてよい。企業における「報連相」「メール」とは違った居心地のよい情報共有空間をと作り出すことが可能になるとしている。そのために「社内にWeb型のRSSリーダーをおくこと」が現実的な解としている。

会場でやられたアンケート結果などはこちらにある。アンケートを結果を見ると、技術そのものよりも、どうビジネスにしてゆくか?企業内でどう利用するか?というところに現状の注目が集まっているように感じた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.05

FBS フィードビジネスカンファレンスに参加中

現在参加中 レポートは後日に・・050805_142601.jpg

05/09/26追記
後で気がついた!この写真に写っている人(後ろ頭の人)はあのCNETの渡辺さんのようだ。失礼しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.19

[IT]優秀な人が優秀なソフトウェアを作る

「ソフトウェア最前線」著者:前川徹 を読んだ。

日本の情報サービス業界に対して警鐘を鳴らしているその本は、「日本のソフトウェアがどうすれば外国のソフトウェアよりも競争力が高くなるのか?どうすれば産業として発展するのか」という視点で書かれている。

ソフトウェアの産業の全体、工学としてソフトウェア、開発手法、雇用の問題、ユーザのあり方など幅広くとらえてかかれれている。この業界の人は一読すべき、わかりやすい本だと思った。

その中であまりにも当たり前で、あまりにも日本の情報サービス業界ができていないことが書かれている。

それは 「優秀な人が優秀なソフトウェアを作る」 ということだ。

より質の高い(バグが少なく、メンテがしやすいなど)のソフトウェアを開発しようと思うなら、優秀なプログラマを集めればよい。

優秀なプログラマを集めるには、彼らの才能や能力に見合う環境や報酬精度を整えることだ。

一番の問題は「年齢に比例した報酬精度」だと著者は指摘する。ソフトウェアの生産性は優秀な人とそうでない人では28倍も違うと指摘し、現在の情報サービス業界は優秀な若者にとってとってもも「働きたくない職場」となっていると言う。


う~ん、とってもごもっともである。
自分も入社当時はSE採用だった。
3ヶ月の研修時代、同部屋の優秀な奴との差を感じ、自分がエンジニア向いていないことを知った。自分は結果的に販促部門に進んだが、多くの同期はそのままエンジニアとなり、現在も日々プログラミングにいそしんでいる。(一部優秀な奴はさっさとやめている。)体力もだんだん衰え、徹夜でリカバリするのも限界になってきた。そうした「息切れしてやめてゆく若者」がこの業界にはたくさんいる。

最近ではそうした若者を「使い捨て」する風潮まで出てきた。教育して育てるというよりは、優秀な奴を体力のあるうちに使い捨てる。ある年齢に達するとキャリア制度の名目で転職を勧める(=強制する)・・・。

ものすごい悪循環だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.15

[IT]マーク・ベニオフ来日

ちょっと遅い投稿だけど・・・
先日、日本のセールスフォースのイベントにあわせてマーク・ベニオフ氏が来日した。直接話を聞ける良い機会だと思い参加した。

最近のセールスフォースの取り組みは下記のニュースなどを見ると良い。

セールスフォース、 新CRMパッケージ「Summer '05」を発表(2005/06/22)

セールスフォース、新プラットフォーム搭載で機能強化(2005/6/23)

下記から実際の講演を聞いたり、資料のダウンロードができる。
http://www.salesforce.com/jp/summer05/summer05-session.jsp


話の内容は上記のニュースの内容をなぞるものであったが、面白い点が2点あった。

1.自分たちのビジネスを「ロングテール現象」に当てはめて説明したこと
2.自らのシステムを「オペレーティングシステム」と言い出したこと。

「ロングテール現象」について

別紙で説明のためのレジュメが配られていた。言葉になじんでない日本の人に向けて、日本のセールスフォースが気を利かせたのだろう。
これこそインターネットのビジネスモデルだ。アマゾン、グーグルなどの米ネット列強はこうして成功したのだ。そしてビジネスの領域でそれを実行しているのがセールスフォースということらしい。

「オペレーティングシステム」としてのセールスフォース

これは最近発表した「Multiforce」を持って言っているようだ。従来SFA、CRM、サポートデスクとアプリケーションを提供してきた同社が、カスタマが自由に自分のアプリを提供できるインフラを提供した。

「新しい技術が従来のビジネスを淘汰する、われわれの提供しているのはソフトウェアではなく、サービスだ」とマーク・ベニオフは強調していた。

関心した点は従来、従来のERPなどのパッケージがアメリカのビジネスプロセス(デファクトスタンダード)を日本に当てはめようとしていたことに対して、「日本のプロセスとアメリカのプロセスは違う」とはっきり言及し、「自分のビジネスを変えることなく、オンデマンド環境を利用できる」と方向転換したことだ。

面白かったのは日本人のプレゼンがあまりにつまらなかったらしく、我慢できなくなって自分でプレゼン(デモ)しだしたことだ。最初通訳に気をきかせて「ゆっくりしゃべる」と言っていたが、だんだん熱がこもってきて、通訳が追いつかなくなっていた。
ベニオフに限らずアメリカ人は本当にプレゼンがうまい。日本人の場合、「練習しましたか?」と聞きたくなるのは僕だけではないはず・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧