2011.04.16

本人の許可なし、勝手に作る「ののさん」(野々山富雄さん)リンク

ネット見ていたら、なんとなく作る気になった「ののさん」(野々山富雄さん)のリンク集。

すべてのサイトに共通するのはそこに愛があるということ。
人柄、人徳ですなあ。

わかる範囲で時系列にしてみました。勝手の自分のコメントも(読み飛ばしてくださいね。)

■2010.02.28
野々山さんの結婚披露パーティー -ランド屋太郎
http://www.myanmar-explore.com/jpn/blog/index.php?eid=415

たぶん、探検部時代のお仲間でしょうか。
野々山さんの結婚式の報告。僕も出席させていただいておりましたが、とってもよく雰囲気がでております。
昔、早稲田、明治、駒大の探検部の人達はすげー!人間じゃないと思っていましたが、このころになると「ごく一部」をのぞいてみなさん割と普通です。でも大分やっぱり濃いですが・・

最後の「エイトマン」が良かったですね。
その後の二次会の本人情報によると、奥様にはまだそれ以上すごい芸は見せてないらしいです。
見せると危険なので、絶対見せてはいけませんとみんな言っていました。

こちらで奥様とのツーショットの写真も見れます。

■2008.4.16
屋久島ガイド列伝、野々山富雄(立志編)-紆余曲折?屋久島移住18年記 BY大久保昭二
http://blogs.yahoo.co.jp/parucon2007/6585074.html

いまは新居でしょうが、それ以前の伝説の屋久島のご自宅の雰囲気が分かるサイト。

写真に移る人々の表情がとってもいいですね。
屋久島の自然と撮られた方のお人柄のせいでしょうか?

屋久島情報もたくさん、興味ある方は一度覗かれてはいかがかと。

大久保さん、野々山さんのことをよくわかっていますね。
おたくで、変態で、寂しがりやなあたりがよくわかります。(すいません!)

■2004.11.22
NONOさんは探検冒険業界の寅さんだ!
- 辺境・探検・冒険ブログ MBEMBE ムベンベ(高野秀行のオフィシャル・ブログ)
http://www.aisa.ne.jp/mbembe/index.php?eid=25

お会いしたことはないが、話はたくさん聞かされた高野秀行さんのオフィシャルブログ。
ののさん、本人がコメント返しています。それもとっても面白いです。

寅さんは結婚しないまま、逝かれてしまいましたが、野々山さんはなんと結婚できちゃいました。
渡世人=冒険家をやめたどうかは、まだわかりませんが、野々山さんと結婚した奥様こそ最大の冒険家ではないかと思います。

コンゴにムベンベ(怪獣)を探しにいったことが書かれています。
この間本屋に言ったら、高野さん著の「ムベンベがゆく」が積んであったので、すでに持っているにも関わらず買って読んでしまいました。学生時代にののさんに自宅や鶴見の焼き肉屋で熱く、そして下品に語っていただいたのを思い出しました。

その話を先日東京にでてきたののさんにしたところ、「隊長(私)、それを買っても俺に印税は入らない、これを買え!」と言われて紹介されたのが、下記の本です。

「放っておいても明日は来る― 就職しないで生きる9つの方法 」

当然、即買いました。(印税入ったかな?)
高野さんが出会いになった珍しい方々が紹介されております。僕はこの本に登場するある女性にとっても会いたくなりました。

■1998.10.20
白川山に住む野々山富雄(ののやま とみお)さん -屋久島便り

http://yakushima.org/nonoyama.htm

写真の日付を掲載日としてみました。
紹介された方は屋久島のエコツアーガイドのようです。「島内の友人、知人たち」として紹介されています。
写真のののさん、かなり若いです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.08

ののやまさん、おめでとうございます

2月末のことですが・・・先輩の結婚パーティに参加しました。

ののさんは、僕が大学時代に大変お世話になった大先輩です。

場所は東京都庁、東京マラソンのスタート地点がビルの下にはありました。45階の展望台にあるレストラン。景色は見た記憶なし、料理を食べた記憶は少しだけ・・。あっという間の2時間でした。

「どんな顔してあったらいいんだろう?」
「みんな僕のことを覚えているだろうか?」

内心とっても緊張していました。

ガキ大の先輩たち
ガキ大、榛名の子供たち
トムソーヤの仲間
飯能のお母さんたち、子供たち

たくさんの懐かしい人に会えました。
みんな本当に会えてよかった、嬉しかった。
自分のルーツ、居場所を確認することができました。

主婦、会社の経理マン、肉体労働者、ミュージシャン、経営コンサルタントなどなど

みんなそれぞれの場所で頑張っていました。
ののやまさんのエイトマン(宴会芸)もものすごい久しぶりに見ることができました。

ののやまさん、素敵な奥様とお幸せに、ありがとうございました。
屋久島にも遊びに行きたいなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.24

年(ヲ)忘れ(テ)コンサート

内輪ネタです・・

昨日(3/22)は、じんぺいさんとその仲間による
「年(ヲ)忘れ(テ)コンサート 第4回」がありました。

■場所:荏原文化センタ
■日時:2009/3/22 13:30-16:00
■出演者
じんぺい
Json's
ゴリ・ジャイアン・うず
おやぢフォーク
ウォーターガールズ
土と風と水の会
ノブ

とっても楽しいコンサートでした。
我が家からも、奥さん(ジッタ)がウォーターガールズ、土と風と水の会として
参加しました。

お客様よりも出演者が多いのではという状況ですが、みんな歌うのが大好きなよ
うです。

その後の仲間の飲み会も最高でした。人生の先輩方と新しい出会いもありました。


君に会えてよかった by じんぺい

楽しかったり 悲しかったり 
おかしかったり くやしかったり
色んなことが 沢山あったね
君に会えてよかった

まぶしかったり おいしかったり
淋しかったり うれしかったり
色んなことが 沢山あったね
君に会えてよかった


忘れないと 手を握り
また会おうと 肩を叩いて
さようならと 手を振れば
君の笑顔がにじむ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.02.12

朋、遠方より来たるあり、亦楽しからずや

昨日は懐かしいメンバと会うことができました。

NONOさんからお誘いをいただき、ガキ大将スクール時代の
リーダー仲間・先輩、元参加者のこどもと東京・新橋で会うことができました。

NONOさんは屋久島から、群馬から参加したメンバもいました。

NONOさん以外は17,8年会っていなかったので、少々緊張して
行きましたが、楽しく、懐かしい時間を過ごすことができました。

元参加者のこどもと言っても、すでに大人であり、
個人事業主として、奥さん(奥さんも元参加者)とお子さんと
持つ父親として立派でした。

帰りの電車の中で

「朋、遠方より来たるあり、亦楽しからずや」

とはまさにこのことだなと感じました。

懐かしい話に昔を思い出し、時の流れを感じ、明日への力をたくさん
もらいました。

このブログけっこう読んでもらっているようで、びっくりです。
Googleの検索で上位にはいるかららしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.11

沖縄上陸

沖縄に初めて行きました。人生初体験でした。

仕事にかこつけて(笑)行き、土日に友人宅にお邪魔させていただきました。

行った場所(仕事じゃなくね。。)は読谷(よみたん)です。キロロのふるさととして知っている人もいるかもしれません。

友人は、ご夫婦で沖縄の読谷村に移り住んで「読谷自然学校」 という素敵な場を地域に提供していました。

とっても素敵な場所で、とっても素敵な大人や子供が集まっていました。

連日、深夜まで酒をのみ、友人といろんなことを語りあいました。語り明かせないのは年齢と体力の問題・・

久しぶりに、ゆっくりだけど濃密な時間に感動しました。普通に沖縄観光してもこうはいきません。

押しかけたにも関わらず、大歓迎してくれた、よみたん自然学校のみなさん(オグ、のぶ、まき、あっちゃん)に、 ずっと一緒に遊んでくれた子供たち二人に感謝!

忘れないうちにしばらく沖縄シリーズ書くことにします。

※写真は「よみたん自然学校」のサイトより拝借。学校にある「がじゅまる」という木でつくった滑り台です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.09

効果10倍の(学び)の技法 シンプルな方法で学校が変わる!

「効果10倍の(学び)の技法 シンプルな方法で学校が変わる!」 は友人の岩瀬直樹さんが書いた本である。

吉田新一郎さんとの共著であり、あとがきを読むと、吉田新一郎さんの働きかけで本が生まれたことがわかる。

最近たまたま近況連絡をしあったら、本を出したことを教えてもらい、さっそくアマゾンで購入した。届いたの今日(正確には日付が変わったので昨日だが・・)、速読であるが一気に読んでしまった。

この本は本当に役立つ本だと思う。

「まずはこの本で紹介されているたくさんのシンプルな方法の中から、一つでも二つでも学校で実行に移してみてください。その一歩がきっと学校を変え、元気にしてゆくはずです!」(前書きより引用)

「第1章 まずは大人の学びを変えよう」はもうそのまま企業に持ち込んで活用できる内容だった。
「気のあう同僚との相互コーチング」「教師のモチベーションをあげる3つの原則」「まじめな雑談」などなど・・

こんなすげーと思った本は、最近ではドラッカー、大前研一以来である。
「技法」という言葉がタイトルにありますが、単なるHow To本でなくこの本には著者の「魂」がこもっています。

僕の友人は教師や野外教育事業者の人たちがおおい。そんなみんなに是非読んでほしい1冊です。

岩瀬先生のホームページ「いわせんの仕事部屋」はこちら、本は下記のリンクから

※明日通勤電車の中でもう一度ゆっくり読もうを思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.15

今日は友人「おりちゃん」のお話

今日は友人「おりちゃん」のお話。

彼は最近、転職をした。某IT企業で大きなシステム開発・運用を長年やってきたが、思いたって退社。明日から、 新しい職場がある葉山へ2時間かけて通うそうだ。引越しも予定していて、現在物件を探索中。初めての一人暮らしらしい。 なぜか本人以上にこちらが楽しみである。

今日はそのめでたい門出にということで、わざわざ彼に自宅に来てもらって、ささやかなお祝い=食事をした。

僕の友人の中で彼ほど「もの静か」な人物はいない。当然現在の若者、青年なのでこころの中はいろいろあろうが、 彼は僕らと会っているときはほとんどそれを見せない。そんな彼は、我が家の奥さんの信頼も厚く、子供たちも彼が大好きだ。

僕が家族を残して先に渡米したとき、彼はぼくの子供を連れて上野動物園に行ってくれたこともあった。 一緒に湯河原の幕岩でクライミングをして、僕がグランドフォール(=地面におちる)して、死にそう(僕だけ) になって帰ってきたこともあった。戸高さん(お知り合いの登山家、現在はミュージシャン?) のネパールの登山報告の発送作業のために我が家でなんども徹夜した、などなど、そう考えれば、初めてあってからとっくに10年近くたつ。

こんどの職場では前職の経験を生かしてIT関連の業務をするらしい。楽天に出店しているようなので、チャンスがあれば覗いてみたい。

何はともあれ、めでたい、めでたい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.17

我が家の宝もの

柱のキズはおととしの・・・という歌があるが下記は我が家の宝物の移動式の柱。
結婚して以来、いまだ借家住まいなので(泣)、奥さんのアイデアで移動式の柱を準備した。

家族だけでなく、例外なくお客さんは身長をはかり、サインをして帰る。 150~170cmとのところは集中するためスペースがなくなってきた。

 

子供たちの生まれたときの身長を奥さんが書き込んだ。それ以来不定期に思いついたときに彼らは身長を測っている。

そうかカンタ(長男)のほうが、ゲン(次男)より生まれたときに身長は大きかったのかとあらためて発見。

お友達の子供たちの身長の書き込みのたくさん。なんども遊びにきている子供たちは数回測っている。

この移動式柱、日本の川崎で生まれ、アメリカ西海岸、また日本の東京(目黒)に帰る。

考えたらすげえ、大活躍だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.29

屈指の登山家が見た神々の領域

必見です!

戸高雅史ことマサのこれまでとそしてこれからをまとめた映像が下記で見れます。
テレビに出演した時を録画したもののようです。マサ自身に口で登山を開始したころから現在までの軌跡について語られています。

屈指の登山家が見た神々の領域
100K(ブロードバンド用)
28K(ナローバンド用)

qyomo2
チョモランマ(別名エベレスト) 上記の写真は以前マサにもらった写真をスキャンしたものです。

登山やアウトドアに接したことない人も是非みてください。そして可能であればマサに会いに行ってください。それだけの価値は十分あると思います。

野外学校FOSへのリンクは左サイドの「友人・知人」にあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.21

自分の足跡 ガキ大将スクール

今回は自分の足跡について。

群馬県上野村などで行われている野外教育プログラム「ガキ大将スクール」。
主催はアドベンチャー集団Do. 黛徳男氏だ。

BY ADVENTURE GROUP DO! /Gakidaisyoh school

これは、日頃自然に親しむことの少なくなった子どもたちが、大自然の中で木や植物に触れ、沢の水を飲み、風の音や野鳥のさえずりに耳を傾け、焚火を囲んでみんなと語らい、満天の星空を見ながら大地の上に眠るという、人間の原点に立ち戻った生活を体験することによって、より個性的で、より心の深い人間になってくれることを願って23年前から開催しているものです 。

上記はアドベンチャー集団Doからの引用。

ガキ大将スクールに参加したのはもう16年くらい前になる。僕は18~22才の時だ。リクルートの発行するアルバイトの求人誌(たしかフロームエー)を見て参加した。

それまでキャンプや子供、そして自然とまったく接したことがなかった僕が、いきなり7人の子供を抱えて村の中を放浪することになったのだ。

そういう体験をすると「生のままの自分がむりやりむき出しになる」

7人の子供たちと暮らす1週間の中で、贅肉と一緒に自分が被っていたものが一気にはがれてゆくのを感じた。

結局これが今後の人生を大きく変化させる僕の「原体験」になった。

結局5年間、1リーダーから最後は本部でディレクターの手伝いをするようになった。楽しいこともたくさんあった反面、人間関係で失敗もするし、リーダーからは総スカンを食らうなど失敗もたくさんやった。

そう、僕は「ガキ」だったのだ。

そしていろんな人との出会いで僕は大人になった(と思う)。
群馬県、上野村またいつか訪れてみたい。

| | コメント (12) | トラックバック (0)