2007.05.02

テレビ + Wii + Rimo.tv + YouTube

テレビ + Wii + Rimo.tv + YouTube

昨年の12月のクリスマスに我が家にWii(任天堂)がやってきた。

もちろん当初の目的はゲーム。

はじめてのWii、ポケモンバトルレボリューション、ゼルダの伝説トワイライトプリンセスなどを購入し楽しんできた。

最近は違った形で楽しんでいる。テレビのリモコン感覚でWiiを利用するようになった。 ゲームはテレビにつなげて使うから当たり前なのだが、この場合はちょっと違う。正確には下記の3つの製品、 サービスを組み合わせて利用している。

1.Wii 任天堂は発売した次世代ゲーム機、ゲームという枠にとどまらずいろんな使い方ができる。

2.Rimo はてなという会社が提供しているオンライン動画再生サービス、インターネット上(現在はYouTube) に登録されている動画をインターネットにつながっているパソコンから自由にテレビのリモコンを使うような感覚で利用することができるサービス。

3.YouTube アメリカ、カリフォルニア発の動画共有サイト、ユーチューブ社が運営している。 (現在はGoogleに買収されている)事実上の動画登録サイトのデファクトスタンダード(標準)。

この三つにテレビを組み合わせるとYouTubeに登録されている人気動画をテレビで簡単に見ることができるようになる。

我が家の子供たちがはまっているのが、クレヨンしんちゃんチャネル。

http://rimo.tv/#/channel?url=http://www.youtube.com/view_play_list?p=26133162DC9DE5C1

見たことない話が出ているらしく、上記の仕組みはまったく理解していないが楽しんでいる。

奥さんは説明したが「へぇー」という言うばかり、 見ている画像がインターネット経由でそれも海外から来ているとはびっくりという感じだ。

楽しむだけなら仕組みの理解はいらない、という真実を今回改めて発見した。 子供たちにとってビデオやテレビのリモコンがWiiリモコンに変わっただけということ。画像を取得するマークがどんな意味? と一度聞かれたが、それ以外は操作については一度も聞かれなかった。

僕がしたことといえば、Wiiに内臓したブラウザにRimoのサイトを登録しただけだ。

この仕組み、多少成人向けの内容が子供たちに見えてしまうのが実は難点。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.03

ActOne:Vistaの発売に思うこと

下記に「Vistaの発売に思うこと」 というエントリを書きました。
コンピュータやインターネットに興味ある人は見てください。

http://cb.cocolog-nifty.com/actone/2007/02/vista_4d48.html

そういえば、1月に何も書いてないですね。一ヶ月何も書かない月はブログ初めて以来はじめてです。

今頃なんですが、今年もよろしくお願いします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.13

マルチディスプレイでパソコンでの作業効率をあげる

最近、職場のパソコンをマルチ(2台)のマルチディスプレイにした。

1つのパソコンに複数のディスプレイをつないて使うのだ。僕は場合はメインのディスプレイの右において、サブとして利用している。

とっても便利である。スペース面と費用面が許す方にはお勧めである。

資料を見ながら資料を作る。もらった電子メールを見ながら違う電子メールを打つ。複数のファイルを一緒に見たいなどするときにとっても重宝する。

僕はしないが、リアルタイムにあるサイトをチェックするとき(株価など)などにもつかえます。

とりあえずこのメールは印刷!といった作業が減るので時間もコストも大きく削減できる。

今回利用したのは下記の「サインはVGA」という製品。ネーミングがいかす!(=死語)

ノートブックなど外部CRT端子がついているものはともかく、デスクトップや端子がないノートでUSB経由簡単にマルチディスプレイを実現できる。

8000円を高いと思わない効果が体感できます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.03.07

英語版のWINDOWSで日本語を使う


当たり前の話らしい・・

最近会社のパソコンを新調した。場所が広いので、デスクトップかつ画面が大きい方が英文を読むのに楽なので19インチのやつにしてもらった。

やってきたのはDELLのミニタワー、おまけにワイヤレスマウスとキーボードをつけてもらった。日本にいたら考えられない。なにしろ全員強制に同スペックのノードブックになる。
こちらにきて一日画面を見ていることが多くなったので、目の健康のためにも画面はでかいのがよい。

おどろいた。
最近のWINDOWSは英語版でも普通に日本語が使える!

WINDOWSの多言語化は進んでいるようで実際には中国語、韓国語など多数の言語で使えるようになっている。
こちらにいる日本人の方でけっこうその使い方をしている人は多いようだ。

仕事で必要なソフトをインストールし、環境を現在設定中。
なにしろメモリも山ほど積んでもらったので、作業にストレスがない。

CONTROL PANAL→REGIONAL AND LANGUAGE で設定が可能。

どれくらい便利かは、下記のリンクに詳しく記載されています。
http://www.ncwind.net/hitorigoto/win_xp.html

パソコンは比較的アメリカのほうが安いので、こちらで英語版を買って必要なソフトだけ調達するのが利口なようです。

英語版のWINDOWSに日本語のソフトをいれるとインストールのメニューなどが文字化けしますが、それを乗り越えれば普通に使えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)