« キャッチボール | トップページ | 我が家の2008年は今日始まった »

2007.12.25

今年の読んだ本の中から10冊を選ぶ2

さて後半。前半はこちら。

6.おかみさん
著者:一丸

発売は1991年だそうです。相撲ブームがいつ頃からはわかりませんが、たぶんそんなころでしょう。
僕はこの漫画に出てくる不器用なお相撲さんたちが大好きです。某横綱の問題、「かわいがり」の問題などいろいろありますが、僕は相撲が好きです。
最近、ブックオフで大人買いしました。

7.効果10倍の(学び)の技法 シンプルな方法で学校が変わる!
著者:吉田 新一郎、岩瀬 直樹

以前紹介した友人でもある岩瀬直樹先生の本。この間久し振りに会ってお酒を飲みました。楽しい時間でした。2月にまた会えそうなので楽しみです。学校の先生にかぎらず組織で働いている人には実に有用な本です。

8.ハゲタカ (講談社文庫)
著者:真山 仁

NHKのドラマを先に見ましたが、原作も面白かったです。元のタイトルは「バイアウト」というらしいです。
企業は人なりということを感じる小説です。

9.ボクがライブドアの社長になった理由
著者:平松 庚三

大変な貧乏くじだなあと思っていた、ライブドアの後任社長。プロローグで「図らずも世間の注目を浴びて」と書かれているがまさにそんな感じである。本人にとっては大分エキサイティングのようです。
この本の中の平松氏はとっても魅力的です。

10.決断力
著者:羽生 善治

第1章 勝機は誰にでもある
第2章 直観の7割は正しい
第3章 勝負に生かす「集中力」
第4章 「選ぶ」情報、「捨てる」情報
第5章 才能とは、継続できる「情熱」である

「将棋を指す上で、一番の決め手になるものは何か」という問いに対して、「決断力」と書かれています。
読んでみると当たり前の積み重ねこそ、事を為すためのただひとつの秘訣だということがよくわかります。イチロー選手が言っていたことと同じ様なことかなと思います。


さて今年の冬休みはどんな本をよもうか?5冊くらいは読みたいなあと思います。

|

« キャッチボール | トップページ | 我が家の2008年は今日始まった »

コメント

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/meannano/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

投稿: みんな の プロフィール | 2008.01.05 10:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19434/17471934

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の読んだ本の中から10冊を選ぶ2:

« キャッチボール | トップページ | 我が家の2008年は今日始まった »