« 効果10倍の(学び)の技法 シンプルな方法で学校が変わる! | トップページ | [映画]パッチギ Love&Peace »

2007.05.11

サンフランシスコのフリーウェイ陥没のその後

日々のニュースは本当に多く、消費するばかりであまり頭に残りませんが・・

少し前(4/30)にアメリカのサンフランシスコで高速道路がタンクローリーの火事で溶けて崩れ落ちるという事件がありました。 自分も使ったことがある道路なので気になります・・

下記サイトではその後のことを伝えています。

フリーウェイ陥落 -> 1週間で一部復旧 : アメリカでがんばりましょう

事故そのものもショッキングだが、 事故はサンフランシスコとオークランドやバークレイを結ぶベイブリッジの料金所近くの大きな道路で起こったため、 サンフランシスコに通勤する多くの人などの足に影響が出て、素早い対応が期待された。

この道路を管理している Caltrans というカリフォルニア州の一部門は期待以上の対応を見せてくれた。 Caltrans はその日の昼には高速道路を再構築する業者と契約、数週間で復旧させると発表。 現場検証も終わった夜には解体工事を始めていた。

休日にこれだけの対応ができただけでもがんばるなぁという印象を持ったが、その後も工事が進みなんと1週間ほど経った今朝、 立体交差の下側部分の工事が完了し、再オープンとなったのだった。

東京に置き換えると首都高速が溶け落ちたと考えるとわかりやすい。

そういう意味では今回の対応は「すげー早い!」と正直驚愕に値する。

911のときもそうだったが、何かあったときの対応が素早いというのが、オレが持つアメリカの印象。 いつもその素早さを見せて欲しいところだが、平時は逆にノンビリしすぎてるところが残念。

911とはニューヨークのテロ事件のこと。 一部のエリートは別にしてアメリカ人がせかせかしていたらとってもびっくりなので個人的にはいいんじゃないという印象。

下記の写真は上記で紹介されていたサイトから。。これで誰も死んでないんだからほんと奇跡に近い。

http://cdn.sfgate.com/c/pictures/2007/04/30/ba_freewaycollapse_201.jpg

 

 

|

« 効果10倍の(学び)の技法 シンプルな方法で学校が変わる! | トップページ | [映画]パッチギ Love&Peace »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19434/15030313

この記事へのトラックバック一覧です: サンフランシスコのフリーウェイ陥没のその後:

« 効果10倍の(学び)の技法 シンプルな方法で学校が変わる! | トップページ | [映画]パッチギ Love&Peace »