« せんせいあのね。 | トップページ | 一冊の手帳で夢は必ずかなうを読んで »

2006.12.03

文部科学大臣からの手紙

小学校に行っている息子たちが、「文部科学大臣」からの手紙を持って帰ってきた。

実物が文部科学省のページで見れます。→こちら

テレビの朗読?する大臣のしゃべり方について我が家の評価はあまりよくないが、子供たちに聞くと学校の先生がクラスで手紙について、 いじめについて話したと聞いて安心した。

そういえば、僕も昔いじめられていた。

小学校のとき、自分が嫌なあだ名をつけられて、クラス中の男子からからかわれたこと。

中学の就学旅行でトイレにつれてゆかれ、平手打ちをくらい、鼓膜が破れたこと。

中学3年の1年は本当に自分でもよく生きていたなあと思う。学校は年間の三分の一くらいしかいかないし、半分引きこもりだった。 こうして現在生きて、まがりなりにも親をやれているのは、本当に周りの人たちのおかげである。

これをきっかけ、少しでも良くなれば良いなと思う。

|

« せんせいあのね。 | トップページ | 一冊の手帳で夢は必ずかなうを読んで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19434/12911463

この記事へのトラックバック一覧です: 文部科学大臣からの手紙:

« せんせいあのね。 | トップページ | 一冊の手帳で夢は必ずかなうを読んで »