« 対談イベント「シリコンバレーのビジネス風土とオープンソースの思想」に参加して | トップページ | ルパン三世の映画?を見ました »

2006.09.07

自動改札を素通り野郎

今日、すごいものを見た。それは「自動改札を素通り野郎」だ。

まさに「野郎」で、完全に意識的な無賃乗車である。

通常自動改札を抜ける際、最近はSUICAが普及しているので、みんな定期入れやらサイフやらを改札に「押し付けて」通過する。 たまにうまく反応しなかったり、清算が必要なのに料金が足りなかったりで一人が立ち止まると、あっという間に長い列ができたりする。

その大物は素手(たぶんはっきり見たわけではないが、何ももっていなかったと思う)を、 さも何か持っているような感じで改札に押し付けるふりをした。そして自分の前の人が改札を抜けるやいなや、急にスピードアップ。 まるでジェットストリームアタックだ。(これはガンダムをしらないとわからない)

とうぜん、素通りを感知した自動改札は改札を締めた。当然僕の前である。まるで僕が止めたみたいな周りの視線を感じながら、 少しバックして、改札がもとに戻るのまち、再度タッチして通過した。

そのころ「素通り野郎」はさっととホームへエスカレータを降りるところだった。とうぜんいつもやっていることなのだろう、 悪びれた雰囲気はかけらもない。僕が見ているのの多分知っているのだろう。

正直、珍しいものを見たという印象だ。自動改札にいつなったか覚えていないが、あんな堂々とした無賃乗車は初めてみた。

おまけ)今日買ってよんだアエラ(2006.9.11号)にはもっと大物のことが載っていました。そえは「高速タダ乗り野郎」です。 「無料通行宣言書」を見せれば、どうやら高速はタダで乗れることがあるようです。

もちろん僕はやりません。小心ものですから・・

インフォメーション(無料通行宣言書では通行することはできません)/首都高速道路株式会社http://www.shutoko.jp/news/info/sengensyo/index.html

 

|

« 対談イベント「シリコンバレーのビジネス風土とオープンソースの思想」に参加して | トップページ | ルパン三世の映画?を見ました »

コメント

 自動改札機が出始めた頃、まんまと素通り野郎にしてやられたことがあります。しかも、2回も。そいつらは、私が切符を入れるやいなや、さささっと横から進入して通過して行ってしまったのです。あれ? と思った時には、ブブーッ! 私が無賃乗車になっていました。
 駅員さんに「切符を入れたら別の人が通ってしまった」と話したら、「あぁ、わかりました。どうぞ」。以来、切符およびカードを入れる時は、前後左右の気配に気をつけるようにしています。

投稿: げんかい | 2006.09.08 10:17

なるほど、みんな経験してるんですね。

想像ですが、たぶんである一定の数「素通り野郎」はいるのでしょうね。JRはあえてそれを見逃しているのでしょう。

なにしろ「自動改札」は絶対追いかけてこないですしね。

投稿: すぎじい | 2006.09.09 05:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19434/11791786

この記事へのトラックバック一覧です: 自動改札を素通り野郎:

« 対談イベント「シリコンバレーのビジネス風土とオープンソースの思想」に参加して | トップページ | ルパン三世の映画?を見ました »