« 今日は虫取り | トップページ | 話せばわかる は本当か? »

2006.08.17

ドラッカー選書 [新訳}経営者の条件

古典です、名著です。現在すっかりはまっています。ランチではいったラーメン屋でラーメン食べながら読むくらいです。

僕は本で良いと思った箇所には線を引くのですが、この本の最初の1章、最初は全部線を引きたくなりました。

タイトルの経営者とは、本文中ではエグゼクティブのこと。エグゼクティブというとえらい人という感じを持ってしまうが、この本の中では「組織の中で成果を出さなくてはいけない人」という意味である。

そんな意味では今の自分にとってもリアリティをもって本書を読むことができた。今年読んだビジネス書の中ではぴか一(死語かも?)である。

P.F.ドラッカーは実は大学時代にゼミで「現代の経営」を読んだのですが、実はあまりピンとこなかったのです。

人と同じで、出会うときには必要な本に出会うのだなあと改めて思いました。
「現代の経営」ももう一度あらためて読んでみようと思います。

|

« 今日は虫取り | トップページ | 話せばわかる は本当か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19434/11471891

この記事へのトラックバック一覧です: ドラッカー選書 [新訳}経営者の条件:

« 今日は虫取り | トップページ | 話せばわかる は本当か? »