« 下妻物語 | トップページ | 消防博物館 »

2006.05.25

幸せの数式

アエラの06.5.29号に幸せの数式という特集があった。

記事の中で藤原正彦氏はこう述べている。

「幸せはそこら中にあって、感じ取るもの。競争して稼げば幸せになれるなんて大うそ。この10年ますます競争に追い込まれて、地方を歩けばシャッター通りばかりじゃないですか」

現在、社会保険庁の不祥事が問題となっているが、まさしく競争が官に持ち込まれたことによる生まれた必然の不具合のような気がする。

また他の国との比較もされている。

「日本は同じような所得の中で一番不幸だと言われています。経済的に豊かでも幸せではないのか、短に控えめに回答しているのか、わかりませんが」

また収入と幸福感はある程度正比例するのだが、ある一定金額になると飽和するそうだ。日本では世帯年収1500万円、アメリカでは20万ドル。

健康第一、仕事も収入も、もちろん人間関係(友達、知人、職場など)も全部大切だが、自分の中ではやはり現在仕事と健康、家族が占める割合が多い。

幸せ=√経済力×健康×人間関係

幸せ=財÷欲望

幸せ=健康×(人間関係+仕事)

上記は記事の中で紹介されたいた「幸せの数式」。それぞれ説明文がないとわかりづらくはあるのだが、まあなんとなくわかるでしょう。

いろんな幸せ(価値観)があるものだと思う。

|

« 下妻物語 | トップページ | 消防博物館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19434/10230502

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せの数式:

« 下妻物語 | トップページ | 消防博物館 »