« 区切りをつけることの大切さ | トップページ | 久しぶりのアメリカ »

2006.03.15

WBC疑惑の判定について

ワールドベースボールクラシックにて、先日日本がアメリカに4-3でサヨナラ負けをした。
会社に行く直前まで朝早くおきてテレビをみていた僕はその結果を知ってとても残念だった。

でも、もしからたら勝っていたかも・・・という状況だったようだ。

asahi.com:判定覆り日本の勝ち越し点消える、王監督抗議 WBC?-?スポーツ.

タッチアップが早いという米国のアピールも、近くで判定した二塁塁審によって却下された。日本が待望の勝ち越し点をあげたと、米国ファンも思った。  ところが、米国のマルティネス監督から抗議を受けたデビッドソン球審が判定を覆してしまう。

上記はアサヒ・コムからの引用。

僕も帰宅してからテレビで映像をみたが、どうみてもタッチアップが早いということには見えない。

主審からはそう見えたのかも・・とテレビの解説者は言っていたが、選手はファンは納得がいかないだろう。

アメリカの新聞ではどう報道されているのかと思って、以前読んでいたMercury Newsをチェックしてみた。

AP Wire | 03/13/2006 | Japanese fans cry foul over classic call.

It didn't appear Nishioka left before Winn made the catch on the television replay.

キャッチするより早くスタートを切ったように見えない としていますね。

どちらにしても、玉虫色のようです。選手には気持ちを切り替えてがんばってほしいです。

|

« 区切りをつけることの大切さ | トップページ | 久しぶりのアメリカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19434/9094677

この記事へのトラックバック一覧です: WBC疑惑の判定について:

» WBC 日本vsメキシコは明日。 [大阪、おおさか、OSAKA]
日本のWBC2次リーグ第2戦は、メキシコ戦で、日本時間明日15日9時開始となって [続きを読む]

受信: 2006.03.15 02:25

« 区切りをつけることの大切さ | トップページ | 久しぶりのアメリカ »