« 「訊くは一時の恥なり」はアメリカでも日本でも変わらない | トップページ | Best Selection;華原朋美 »

2005.10.25

映画マインドゲーム

僕がよくチェックしているブログ「KAGAYA.COM」で紹介されているDVDを購入してみた。このブログでポッドキャスティング(ネットラジオ)もやっていて、僕的には一番である。

これも正直今頃見るか?っていうぐらい僕はずれているらしい。

この映画ひょんなことから、やくざの殺された青年が、「死にたくない」と強烈の思うことで生還を果たし、周りの人間を巻き込んで、大冒険を始めるというお話だ。主人公の声を今田耕司、そのた藤井隆や山口智充なども登場するが、声優は映画の中身とあまり関係がない。

正直驚いたのがストーリーもさることながら、色使いと音楽とそしてなによりすべてのテンポだ。こういう映画を作れる人ってどんなこと考えているのかなと思ってしまう。

これも日本の誇るアニメの1作だなあと思う。(僕の基準は詳細息子たちに見てもらいたいと思うか?)最近映画館で見た、スターウォーズよりはお金を出す価値は絶対あり。(スターウォーズ大好きの人のぞく・・)


|

« 「訊くは一時の恥なり」はアメリカでも日本でも変わらない | トップページ | Best Selection;華原朋美 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19434/6555732

この記事へのトラックバック一覧です: 映画マインドゲーム:

« 「訊くは一時の恥なり」はアメリカでも日本でも変わらない | トップページ | Best Selection;華原朋美 »