« 自宅にやっとブロードバンド=TEPCOひかりがやってきた | トップページ | BLOGをはじめてもう気がついたら1年以上たっていた »

2005.07.28

【本】きよしこ 重松清氏

せつない本である。

ほんとうに切ない。読んでいて、なくに泣けない本だ。

主人公は 吃音、いわゆるどもりの少年。その少年が小さいころから大人になるまでの一連の小ストーリーで一冊になっている。

「小説にできることはそばにいることだけだ」

著者の重松清氏が別の本のあとがきで書いていたことである。

どう想像したって、吃音の少年の悩みはわからないし、ましてやその親の気持ちなんてわからない。

自分にとって、親としての自分に・・・考えさせられる本である。
「そばにいる」 自分の大事な人にいって上げたい言葉である。

試しアマゾンのアソシエート(紹介リンク?)をやってみました。

|

« 自宅にやっとブロードバンド=TEPCOひかりがやってきた | トップページ | BLOGをはじめてもう気がついたら1年以上たっていた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19434/5200629

この記事へのトラックバック一覧です: 【本】きよしこ 重松清氏:

« 自宅にやっとブロードバンド=TEPCOひかりがやってきた | トップページ | BLOGをはじめてもう気がついたら1年以上たっていた »