« アウトソーシングとインソーシング | トップページ | 標準構築力 要は意思力 »

2005.03.01

ラスベガスの楽しみ方

Recessを利用しての家族旅行は終わったのだが、そのままカンファレンスに参加するためラスベガスに残っている。
おかげさまで数度の出張と、同僚の手厚い指導によりラスベガスの楽しみ方がわかってきた。

以下、自分用のメモ書きです。

1.ホテル

どうせなら奮発してストリップ沿いのホテルに泊まるべき。
平日ならば下は30ドル代の部屋もある。週末でも200ドル(家族4人で一人50ドルと考えたら激安)くらい出すととっても良い部屋に泊まれる。
カジノやショーにお金をかけるのであれば、近くのモーテルなどでも良いが、その場合レンタカーが必須になる。

僕が今まで泊まったホテル
ベラージオ・・ゴージャス、噴水ショー、シルクドソレイユのショー「O」がある。
サーカスサーカス・・家族向け、安い、楽しい、室内遊園地、無料のサーカスあり
ニューヨークニューヨーク・・自由の女神やジェットコースターなどあり
リオ・・メイン通り(ストリップ)からちょっと離れている、部屋はきれい、シーフードバフェがうまいらしい

2.カジノ

スロット・・お金を浪費しているだけの感があり僕は好きではない。5セントスロットなど時間をつぶすためにやるのはよいかも。基本的には貯金と考えるべき。宝くじみたいだ。

ブラックジャック・・テーブルゲームの中では一番ルールが分かりやすい。素人にもお勧め。ゲームなどで練習してから行くと良い。暇な時間帯であれば、基本的にディーラーが教えてくれる。僕は会社の同僚とディーラーととなりに座った女性(おばさん)に教わりました。同じ金額をかけて一番長い時間遊んでいられる感があります。

ルーレット・・ある程度の資金とコツ、さらに運が必要に思う。まずは後ろでじっくりやっている人の戦略を観察するべき。

そのほかにもたくさん。上記3つができればあとはお好み。バカラとかやってみたい。
お金をあまり投資したくない場合、レートが低い近郊のホテルに移動すると良い。上記のホテルではサーカスサーカスのレートが一番低い。
個人的に好きなのは Let it Rideが好きだ。

3.食事

何でもあるが、わざわざ日本食を食べることはない。アメリカのたびが長くて日本食が恋しい人は別。
アメリカに住む日本人はわかっているが、すしでも天ぷらでもそばでも一部例外をのぞき日本のほうがはるかにうまい。

ステーキ、ハンバーガー、イタリア、フランス、ベトナム、中華(順番に意味はない)など世界中のものが食べれる。

4.ショッピング

興味がないのでわからない。たぶんなんでもあるのだろう。

5.近郊の観光

グランドキャニオンに日帰りできるとあるが、それば飛行機を利用したツアーに参加したときだけ。片道6時間以上かかるところに家族連れの場合いけるわけがない。

僕等は近場のフーバーダムに行き、その後ミード湖(フーバーダムによってできた湖)に行った。
見物ツアーでは発電機や映画(フーバーダムの歴史)などを見せてくれる。1935年(昭和10年)にこれを作ったことには正直驚いた。

フーバーダムについては下記のサイトにより詳しい説明がある。

アメリカ旅行記 フーバーダム
http://hccweb1.bai.ne.jp/yjhgc/page/hooverdam.html

ラスベガス大全 観光スポット フーバーダム
http://www.lvtaizen.com/sight/html/hoover.htm

フーバーダム公式サイト(英語、たぶん・・)
http://www.usbr.gov/lc/hooverdam/

|

« アウトソーシングとインソーシング | トップページ | 標準構築力 要は意思力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19434/3129767

この記事へのトラックバック一覧です: ラスベガスの楽しみ方:

« アウトソーシングとインソーシング | トップページ | 標準構築力 要は意思力 »