« 検索バトルの行き着く先 | トップページ | パソコンでなにを子供たちに教えるか? »

2005.02.03

Passion For The Future: Linux magazine THE DVD 2005

思わず笑ってしまったのでトラックバック。

Passion For The Future: Linux magazine THE DVD 2005

最近、会社のメインマシンであるデスクトップPCから、WindowsXPを完全に削除した。そしてLinux(FedoraCore3)デスクトップに入れ替えた。LinuxデスクトップのKDEだとかGnomeだとかの世界へ突入である。私は男だからWindowsとのマルチブートだとか未練がましいことはしない。エミュレータでWinアプリを動かすこともしない。完全移行である。 技術者でない私が、果たしてこれで仕事になるのか?

Linuxに移行するとか、Windowsとの併用とかに苦笑したのでない。橋本氏の本意とは外れるかもしれないが、「男だから」という言葉に反応したのだ。
※橋本氏のサイトはすばらしい書評を展開しているサイト、本の購入に参考にしてます。

「男らしい」っていったいなんでしょう?

男女関係に的をしぼれば「思い切り」が良いのははるかに男性より女性のほうだと思います。

「男らしい」「女らしい」という概念はアメリカにはあるのだろうか?辞書引いてみた。

manly・・having the qualities or physical features that are admires or expected in the man
womanly・・befitting or characteristic of a woman especially a mature woman

う~ん、よくわからん。日常で使っているの人見たことない。
それにしてもLinuxにすべて環境を移行した女性っているのでしょうか?僕は怖くてまだできません。

|

« 検索バトルの行き着く先 | トップページ | パソコンでなにを子供たちに教えるか? »

コメント

男だから女だからと言って差別(権利を制限)するということに対して非常に敏感なだけで、日本の何倍も、男らしさ女らしさを重視しているのがアメリカでしょう。
manly や girly はふつうに使いますが、womanly はあんまり使いません。これは、男に manliness を求めるのは普通でも、女に womanliness を求めるのは差別的傾向がより強くでる感じがするからだと思います。

投稿: nh | 2005.02.11 20:22

コメントありがとうございます。

たしかに、アメリカが日本以上に男らしさ、女らしさに敏感なのはよくわかりますね。その辺日本が薄まってきているのかもしれません。

また差別という問題もアメリカにいると身近な問題として感じるようになりました。

投稿: すぎじい | 2005.02.12 00:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19434/2790102

この記事へのトラックバック一覧です: Passion For The Future: Linux magazine THE DVD 2005:

« 検索バトルの行き着く先 | トップページ | パソコンでなにを子供たちに教えるか? »