« IBMのパソコン事業売却に関して | トップページ | アメリカでもちつき »

2004.12.10

経営とIT

トップがダメだと動かないコンピュータが生まれるのか : IT Pro 記者の眼より

偶然だが,記者の知人からも,「最近の動かないコンピュータはシステム開発の問題ばかりに焦点を絞り込みすぎではないか。システムが成功しない理由はほかにもある。多額の費用をかけてシステムを開発している以上,経営との関連を無視して考えるのはおかしい」という指摘を受けた。

IT Proの記事の引用。
いまさらのように「経営とITの乖離、ガバナンスの欠如」の問題が取り上げられている。

正直いまさらこんなことしていて大丈夫か?という気持ちにさせられる。一番大事な戦略、定期的な経営の視点でもメジャー(測定)なくしてITが本当に意味ある稼動をするわけがない。

システム部門(現場)のせいにして、関係ないと思い込んでいるITリテラシーの低い経営者がどれだけいるのだろう。

まさしく Does It matter? だ。

|

« IBMのパソコン事業売却に関して | トップページ | アメリカでもちつき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19434/2331168

この記事へのトラックバック一覧です: 経営とIT:

« IBMのパソコン事業売却に関して | トップページ | アメリカでもちつき »