« 2004年7月 | トップページ | 2004年10月 »

2004.09.22

パソコンの電源切ってます?

パソコンの電源の話で笑える記事を見つけた。

切るべきか、切らざるべきか、それが問題だ

(1) 毎日切る。これは間違いなくいちばんの少数派です。統計を取ったら、全社員の1割にも満たないと思います。
(2) 週末だけ切る。これが最大多数派だろうと、勝手に思い込んでいたのですが、冷静に見回してみるとそうでもなさそうです。
(3) 長期休暇に入るときだけ切る。どうやら、これが最大多数派のようです。7割ぐらいはこれに属するのではないかと思われます。
(4) 天変地異が起きない限り、絶対に切らない。これも少数派ですが、(1)よりは多いかもしれません。例えば、 2、3ヶ月育児休暇を取っても、その間ずっとパソコンの電源は入れっぱなしということは珍しくありません。(いちおう断っておくと、、男女を問わず、長期の育児休暇は珍しくありません)。

アメリカの人はパソコンの電源をほとんど切らない。理由は面倒だし、会社もうるさく言わないから。
日本にいたとき、周りの人が電源を切りたがらないのを見て、Windowsはたまに再起動してあげるとメモリのごみがなくなって動作が良くなるよと言っていた。
日本では結局、セキュリティの観点と経費節約のために、今はすべての人が電源を切っている。「30分以上席をはずしたら電源を切る」これがルールだ。

エネルギー問題を考えたら、電源を切ったほうがいいのは当たり前。僕の何人かの友達は目くじらを立てて怒りだしそうです。

考えたらこの間日本に3週間行ったとき、電源切ってないなあ・・・当然普段も入れっぱなし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.20

アメリカで長男と二人だけ(3日目)

3日目(土曜日)

8時 昨日遅くまでおきていたので、ゆっくり起きる。
朝食後しばしビデオを見る。(また星のカービー・・・)

11時から宿題開始
日本語学校(補修校)の宿題は多い。ちなみに今週の彼の宿題は書きのとおり。

・漢字練習 3つ 遠、電、鳥
・算数ワーク 2ページ
・国語ワーク 4ページ
・ことわざ 雨だれ石をうがつ
・漢字テスト勉強 10問

要領のいい子ならば、問題ないのかのしれないが、スイッチの入るのが大変はカンタ(長男)にはちょっと多い。
普段はゲン(次男)のちょっかいが入るから、また能率が落ちる。日本の子が週5日かけてやることを2日でやるのだから仕方がない。
その上小学校の宿題(英語)、プリント1枚もやらなければならない。まあ、時間は長いが、彼のペースで余所見(よそみ)をしつつのんびりやっているのだ。結局3時間(2時まで)やっていた。ご苦労さま・・

study.jpg
勉強風景。がんばれ!

2時半、「腹減った!」とのこと。本人のリクエストで、遊び+食事をかねて、マクドナルドへ。
こちらのマクドナルドは子供たちが遊べるスペースがついているのが多い。中国人の親子と一緒になり、しばらく一緒に遊んだ。2時間ほど遊んで帰宅。僕はゆっくり本をよむことができた。

mac.jpg
マックの遊び場。この日は曇ってましたね。

18時、買い物やビデオの返却のため、日本のスーパーMitsuwaへ。
星のカービーのビデオと一緒に借りたドラえモンの最新作映画 のび太のワンニャン時空伝がどうしてもみつからず、結局弁償する(17ドル)。その後、紀伊国屋書店で、紙飛行機製作のためのケント紙を買う。

19時帰宅。しばらくお互い自由に遊ぶ。
僕はテレビ鑑賞。
高原へいらっしゃい→さくら→新選組、僕の週一度の憩いの時間。
さくらの主人公の高野志穂さんは素敵だと思う、今頃だが・・

合間の時間を利用して夕食(そうめん+サラダ)を食べる。録画して後で見ればよかった。

21時半 風呂にはいり、就寝。

寝る前に絵本を2冊読んだ。読み聞かせを意識して・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.19

アメリカからおめでとう

少し前なるが僕の親友ケンセーにお子さんが誕生した。女の子とはうらやましいかぎり。
奥さん(これまた美人)もとっても楽しい人で、娘さんもきっと美人になるだろう。

7月生まれというのがまたすばらしい、僕と同じだ。きっと頭の良い?子になるでしょう。(大きなお世話とも言う)

kano00702.jpg
本当におめでとう。

この間(8月)、日本に一時帰国した際、ダンナには新宿で会って飲むことできた。
ひさしぶりに話ができたし、わざわざ来てくれたほかの二人の仲間とも会えてうれしかった。
一人は婿入り後、将来社長になるために修行中。
一人はあいかわらず薄給で、某団体で働き中。彼女なし・・

たくさんエネルギーを吸収し、帰って来ることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.18

アメリカで長男と二人だけ(2日目)

今日は二日目。

6時半に起床、と思ったが結局起きれず7時少し前に起床。お弁当を作る。
昨夜早く寝たためか、カンタ(長男)は元気よく起床。

お弁当を作り、朝ごはんを食べさせ、着替えさせ、学校の支度をさせる。忙しい・・・
いつもやっている母親の凄さに脱帽。

7時50分に学校に送り、そのまま会社へ。
14時に長男をピックアップし、自宅へ。
今日の遅い昼ごはんはラーメン。インスタントラーメンを作るのはうまいのだ。

申し訳ないが一人で遊んでもらって、部屋でまた仕事。

18時 友達に夕食に招待してもらったので友だち(ご夫婦)の家に移動。おいしい食事をいただいて、しばし雑談。
来週野球(メジャーリーグ)を一緒に見に行く約束をした。楽しみだ。
奥さんが日本に行っているの知って、誘ってくれたのだ。二人に感謝。

21時 家に戻ってお風呂に入る。

今日は金曜日。夜更かししてもよいので、星のカービー(最終回)のビデオを見る。

22時 現在見ながらノートPCでこれを書いています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

友人・知人のあしあと2

友人・知人のあしあと

ゴリの仕事部屋

学生時代の友人である岩瀬直樹先生のページ。先生と書いたのは彼が学校の教師だから。
家族ぐるみの付き合いをさせてもらっている。アメリカ出発前にも忙しいなか仲間で集まって、楽しく飲んだ。
ページはまだ全部見てないが、勉強になる内容が多そう。
奥さん(美人!)も大学時代に日本旅行が主催する野外スクール?で一緒だった。
今度会うときはお子さん(女の子)はとってもかわいくなっているだろう。

岩瀬氏の一番の印象は彼が始めてのキャンプの最終日に、最後の終了式のときに旗を降ろしながら泣いているのを見たとき、自分の経験と重なる部分もあり、「はまった」彼をみてうれしかった。

何度か彼の生徒たちや親御さんとキャンプをともにした。今でも年賀状等のやりとりがあり、うれしいかぎりだ。
小学生でであったかれらも、もう大学生、もしかしたら社会人だ。なつかしい・・

NoNo山伯

上記ゴリの仕事部屋で発見。掲示板がにぎわっている。
学生時代の師匠の一人、野々山富雄氏(ののさん)の部屋。
現在の職業は 屋久島のネイチャーガイド。

鶴見にある氏の実家にその時期もっとも多くお邪魔した一人。焼肉を食べ、カラオケにゆき、飲みつぶれた氏を連れて帰り、彼の財産である漫画をひたすら読むのが本当に楽しかった。

怪獣をアフリカに探しに言ったり、中国の長江を川下りしたり、エピソードにはことかかない。
そんなののさんのまわりには、素敵な人がいっぱいだ。

nono.jpg
写真はののさんのページから。左は同じノノという同じ名前がついているアフリカの少年

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.17

アメリカで長男と二人だけ(1日目)

今日からしばらく、カンタ(長男)と二人きりである。

所用で妻がゲン(次男)を連れて日本に帰ったためだ。けっしてケンカして帰られたわけではありません(う~ん)。
2日前に本当にケンカしたけれど・・・

カンタ(長男)と二人きりというのは実は次男のお産のとき以来だ。その時は母親と分かれるのが嫌な彼を無理やり引きはがして連れ帰ったのを覚えている。
夜寝るときもさびしくて寝れずに窓のそとを見ている彼の顔をいまでの覚えている。
妻の退院後、実家で久しぶりに対面したときの、二人の感極まった姿も覚えている。
書いていて段々さびしくなってきた・・

彼ももう8歳。今回は「二人でがんばろう」と協力体制は万全だ。
2時に学校の帰りの彼をピックアップし、家にゆき、少し遅め目の昼食(焼きそば)を作った。デザートにアイス(バニラとストロベロリー)を食べた。その後、レンタルビデオで借りてきたあった、「星のカービー」というアニメの最終回を二人で見て感動。
宇宙戦艦ヤマトやスターウォーズの設定のパクリもありだが、まねされるほうもすごいと納得。

kabi.gif
カービー 主人公、星の戦士 最後には地球を救う
knight.gif
メタナイト 個人的には一押しのキャラ

職場には一応自宅で作業ということにしてもらっているので、4時ごろから6時まで自分の部屋にこもって仕事。
調査会社のレポート、ニュースをよみ現在書いている調査報告のねたつくりをした。

6時からカンタの仕事、宿題の開始。3桁の繰り下がりのある引き算に大分苦しむ。
英語は思っていたより単語はしっているのだが、文字とそれが一致しない。果たして僕の発音を教えてよいものか?
我が家の場合、何よりもはじめさせるのが大変。それでも今日はゲン(次男)の邪魔がないのでいくぶんかスムーズだ。

7時には宿題は終了。食事をつくる元気をなくしたので外食へ。
今日はSaizoという日本料理屋に行った。カンタはハンバーグ定食、自分はメンチカツ定食。
食べ終わった後、「100点満点で何点?」と聞いたら「500点で五つ星です!」とベタほめだ。

8時に家にかえり遊戯王のビデオを見る。「がんばれ城ノ内!」初めてまともに見たが結構おもしろい。


9時、二人で風呂にはいる。10時就寝。彼は母親と兄弟がいなくてさびしいのか、僕にくっついてきた。
うれしいが、体温が高く、暑い。

明日は6時半におきてお弁当を作る。早く寝よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.09.04

カリフォルニアで寿司をたべる -Sushi Maru-

久しぶりの書き込みとなった。日本に出張(3週間弱)行っていたためと、仕事関係でいろいろあったからだ。
日本でこのブログの存在をしっている仲間がいた。う~ん、いざ読まれているとわかると少々はずかしい。

今日はラバーデイ(日本の勤労感謝の日みないなもの?)の連休の初日だったので、家族で外食に行った。
こどもたちに何が良い?と聞いたら「寿司、寿司、寿司!」と連呼するので、近所のすし屋に行った。
昼間(仕事中)に読んだ「やまけんの出張食い倒れ日記」に触発されて僕も寿司が食べたかったのだ。

Sushi Maru
308 Town & Country Village Sunnyvale, CA 94086
408.530.8464

お店:○ 広くてきれい。ランチもそれなり。量はアメリカンサイズ。
応対:◎ 日本語通じる板さんっていい
お味:○ ちゃんと握っている。ネタが少し大きい?
値段:△ 少々高い。僕の財布では月に1回が限度、ラーメン屋に3回いける。

夜8時ごろにいったのでだが、結構並んでおり、テーブル宅を希望したこともあって、30分くらい待った。
どうやら人気店のようだ。ここはいわゆる回転寿司で 板さんのまわりに流れるプールのように水が流れており、浮かんでいる船の上に3つづつお皿が並んでいる。子供たちは回転している寿司を「かぶりつき」で見たいのだ。

ようやく席に案内された。
カンタ(長男)の怒涛の攻めがはじまった。いくら、えび、納豆まきなど自分の好きなネタを親の許可なくとりまくる。
負けまいとゲン(次男)もお皿を取る。こちらは自分が食べないものも親切にとってくれるので要注意だ。
あそこまで「かぶりつき」で見ていると寿司に息がかかりそうだ。

板さんに日本語が通じると分かって、カンタ(長男)は 納豆巻き、コロッケのせ?などと自分で注文していた。
たぶん味をしめたので次回もやるだろう。見ている側としてはとっても楽しい。

今回も写真なし。カメラは常時携帯しないとダメだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年10月 »