« 身のまわりのものすべてにRFID:高齢者の行動を終日監視 | トップページ | アメリカでワインを買う »

2004.03.27

変わってゆく自分を楽しもう


今日は梅田氏の著書:シリコンバレーは私をどう変えたかを読んだ。これほど自分を引き込んだ本に出会ったのは久しぶりだ。

シリコンバレーにきて2ヶ月半が過ぎた。
この本を手に取ったわけは、著者:梅田望夫氏のブログを読むようになっていたからである。

ブログに対するコメントなどは別の機会に記述したい。

この地にこなければこの本に出会うこともなかっただろう。
この著者の梅田氏やこの本に登場するいろんな人物が自分の住んでいるすぐ近くにいることが素直にうれしい。

現在の段階で、アメリカにこのまま住もうなんて考えてもいないし、現在働いている企業から独立・企業なんてことも考えていない。家族をこのアメリカで養っていける自身は今はない。

人生はいろんなことの連続だけど、重大なイベントにはなぜか必然とも言える偶然があると思う。
自分自身の確信としてここにくるのは偶然の積み重ねの上の必然だったと思う。

この地で出会う人はみんな僕にいろんなことを教えてくれる。間違いなく自分は影響を受けている。間違いなく僕は日本人である。そして今も間違いなく僕は自分探しを続けているようだ。

ひとつ決めたことは「変わってゆく自分を楽しもう」ということだ。
本当に今日はよい本を読んだ。

|

« 身のまわりのものすべてにRFID:高齢者の行動を終日監視 | トップページ | アメリカでワインを買う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19434/359607

この記事へのトラックバック一覧です: 変わってゆく自分を楽しもう:

« 身のまわりのものすべてにRFID:高齢者の行動を終日監視 | トップページ | アメリカでワインを買う »