2011.04.16

本人の許可なし、勝手に作る「ののさん」(野々山富雄さん)リンク

ネット見ていたら、なんとなく作る気になった「ののさん」(野々山富雄さん)のリンク集。

すべてのサイトに共通するのはそこに愛があるということ。
人柄、人徳ですなあ。

わかる範囲で時系列にしてみました。勝手の自分のコメントも(読み飛ばしてくださいね。)

■2010.02.28
野々山さんの結婚披露パーティー -ランド屋太郎
http://www.myanmar-explore.com/jpn/blog/index.php?eid=415

たぶん、探検部時代のお仲間でしょうか。
野々山さんの結婚式の報告。僕も出席させていただいておりましたが、とってもよく雰囲気がでております。
昔、早稲田、明治、駒大の探検部の人達はすげー!人間じゃないと思っていましたが、このころになると「ごく一部」をのぞいてみなさん割と普通です。でも大分やっぱり濃いですが・・

最後の「エイトマン」が良かったですね。
その後の二次会の本人情報によると、奥様にはまだそれ以上すごい芸は見せてないらしいです。
見せると危険なので、絶対見せてはいけませんとみんな言っていました。

こちらで奥様とのツーショットの写真も見れます。

■2008.4.16
屋久島ガイド列伝、野々山富雄(立志編)-紆余曲折?屋久島移住18年記 BY大久保昭二
http://blogs.yahoo.co.jp/parucon2007/6585074.html

いまは新居でしょうが、それ以前の伝説の屋久島のご自宅の雰囲気が分かるサイト。

写真に移る人々の表情がとってもいいですね。
屋久島の自然と撮られた方のお人柄のせいでしょうか?

屋久島情報もたくさん、興味ある方は一度覗かれてはいかがかと。

大久保さん、野々山さんのことをよくわかっていますね。
おたくで、変態で、寂しがりやなあたりがよくわかります。(すいません!)

■2004.11.22
NONOさんは探検冒険業界の寅さんだ!
- 辺境・探検・冒険ブログ MBEMBE ムベンベ(高野秀行のオフィシャル・ブログ)
http://www.aisa.ne.jp/mbembe/index.php?eid=25

お会いしたことはないが、話はたくさん聞かされた高野秀行さんのオフィシャルブログ。
ののさん、本人がコメント返しています。それもとっても面白いです。

寅さんは結婚しないまま、逝かれてしまいましたが、野々山さんはなんと結婚できちゃいました。
渡世人=冒険家をやめたどうかは、まだわかりませんが、野々山さんと結婚した奥様こそ最大の冒険家ではないかと思います。

コンゴにムベンベ(怪獣)を探しにいったことが書かれています。
この間本屋に言ったら、高野さん著の「ムベンベがゆく」が積んであったので、すでに持っているにも関わらず買って読んでしまいました。学生時代にののさんに自宅や鶴見の焼き肉屋で熱く、そして下品に語っていただいたのを思い出しました。

その話を先日東京にでてきたののさんにしたところ、「隊長(私)、それを買っても俺に印税は入らない、これを買え!」と言われて紹介されたのが、下記の本です。

「放っておいても明日は来る― 就職しないで生きる9つの方法 」

当然、即買いました。(印税入ったかな?)
高野さんが出会いになった珍しい方々が紹介されております。僕はこの本に登場するある女性にとっても会いたくなりました。

■1998.10.20
白川山に住む野々山富雄(ののやま とみお)さん -屋久島便り

http://yakushima.org/nonoyama.htm

写真の日付を掲載日としてみました。
紹介された方は屋久島のエコツアーガイドのようです。「島内の友人、知人たち」として紹介されています。
写真のののさん、かなり若いです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この国のかたち

この国のかたちを考え直す機会がやってきた。

チャンスという言葉を使うと、被災された人達に申し訳ない感があるが、
これはこの国与えられた黒船来航、敗戦以降の最大にして、
最後の「機会」、「チャンス」のように思う。

今回の震災のきっかけとなった地震、それをもたらした自然になんらかの意図は多分ない。
それは人間が自ら意味づけしているだけである。
これからも自然は美しく、そして一方でものすごく残酷であり続けるだろう。
でもだからこそ、その意味付けがとっても大切なように思う。

政治
教育
安全保障(米軍と自衛隊)

豊かさ
安心、安全

首都の一極集中
エネルギー問題

情報化社会、マスコミ、ネット
自助、共助、扶助(公助)

レベル感が違う事柄を列挙してしまったが、本当に何かを考え、そしてできる範囲で行動に移すすべきである。

政府が信頼されないのは、人々が自分たちの力を信じていないからである。
政治家の発言に責任を感じられないのは、人々が自分たちが責任を果たしていないからだ。

日本人として、この国の人々、国土、文化に愛着あるもののとして、責任を果たしてゆきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.03

東日本大震災に思うこと

目の前の対応に追われながらも、少し考える時間がとれるようになってきました。今回の震災について思うことを記述してみました。

□この災害は天からの強いメッセージである

天に口なし、人を以て言わしむ
(天は自ら語ることをせず、天意は人の口を通じて告げ知らされる)

この災害は天からの強いメッセージであると思います。
組織の中で危機管理の仕事をこなしながら、頭の片隅で考え続けていたことは、この災害の歴史上の意味です。将来、教科書にどう書かれるのでしょうか、僕たちは僕たちの子孫にどう伝えてゆくのでしょうか?

何百万年という地球の時間軸の中では、ちょっとしたくしゃみなのかもしれません。この災害にどんな意味をもたせるか?それはこれからの僕たちの行動にかかっています。

□人智の限界

ニュース等では、想定外という表現をされておりますが、自然は人の想像を遥かにそして簡単に超えてきました。
でも自然は美しい、森や川、海、山の中にいるだけで人は癒されます。
そして一方でものすごく残酷であることを改めて感じました。

□人の強さ、優しさ

一方で人の強さ、優しさを感じます。
豊かな幸せな時代に生まれたと思っていた僕たち、戦争に行かない、空襲にあわない、あなたたちは幸せよと祖母にずっと言われ続けてきました。

この試練の中で、人の強さ、優しさを感じます。


□自然災害→人災→政治災害

福島の原発問題は自然災害ではもはやありません。人災であり、もはや政治(組織)災害です。
リーダーシップ、危機管理、戦略なしなど様々な表現で語られますが、それは、政治家を選んできた僕たち自身の問題でもあります。


□選挙に行こう

みんなで今度の統一地方選に行きましょう。

政治を変えるのは僕たち有権者の仕事です。文句を言うのはマスコミやテレビのコメンテーターにまかせておきましょう。政治のやりように不満を感じるのであれば、投票という自分たちの義務を放棄してはいけません。

□自分たちのできること

僕を含めて多くの人たちは、余裕の中から募金をし、テレビの向こうの人々に同情し、祈ることしかできません。

そんな自分を卑下する必要はまったくありません。この災害からの復興は本当に長い時間がかかります。ブームではなく、本当に地道な取り組みが必要になります。
チャンスは必ずきます。その時に備え、思いと体力をためておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.18

元へ 〜二分の一成人式〜

去年、次男に送った。手紙です。忘れないうちに・・

元へ

二分の一成人式、おめでとう。この手紙ではとおさんの10歳のときのことを紹介します。

とおさんは10歳のとき、千葉県市川市というところに住んでいました。残念ながら元が生まれる前に死んでしまったじいちゃん、そしてグランマ、兄弟である健兄、博くんと一緒に暮らしていました。かんたには厳しいとおさんですが、実は4年生の時はあまり勉強ができませんでした。スポーツも得意というほどではありませんでした。

それでも4年生の時に一生懸命やったのは野球でした。クラスで野球チームを作り、他のクラスのチームと毎日のように試合をしていました。とおさんのクラスは4組、となりの5組のチームとは何十回も試合をしましたが、負けたは1~2度だったような気がします。強いのがクラスみんなの自慢でした。試合には出してもらえなかったけど、近所の野球チームにも健兄と一緒にはいり、球拾い、ノック、など、がんばりました。

毎日学校から帰ってくると、すぐに外に飛び出し、夕方までずっと野球やメンコ、木登り、泥棒と警察などの遊びをしていました。(元にも、もう少し外で遊んでほしいなあ・・)

じいちゃんは仕事の関係で、あまり家には帰ってこれませんでした。帰ってくるのは月に1~2度、その時はケーキやら、おもちゃやらおみやげをたくさん買って帰ってきてくれました。そして、帰ってくると、じいちゃんはとおさんたちを連れ出して、キャッチボールをしました。とてもうれしかった、楽しかった。健兄たちも同じようにうれしかったと思います。

そんなじいちゃんだったけど、その当時のとおさんの一番怖いものも怒ったじいちゃんでした。怒るとすぐに飲んでいるコップが飛んできました・・。あたると本当に痛いです。投げ飛ばされて、けがをしたこともありました。また、今もそうですが、グランマはとても優しかった。そして、きれいでした。友達から、ほめられるとうれしかったことを覚えています。

じいちゃんはワンピースにでてくるガープみたいな人、いわゆる「がんこおやじ」だったので、あまり言葉には出してはくれませんでした。でも、とおさんが大人になってみると、その気持ちがよくわかるようになりました。

とおさんは人間は誰かに見てもらっていないと頑張れないと思っています。とおさんはじいちゃんやグランマが見ていてくれたから頑張れました。死んだじいちゃんも、グランマもとおさんたちのことをとても大切に、愛してくれていました。健兄、とおさん、そして博くんは、彼らのまさに「宝」でした。

とおさんの宝は「元」と「幹太」です。

元が生まれてから一緒に過ごしたこの10年が大切です。
元と生きている現在(いま)がとても愛しいです。

元がどんな5年生になるか?元がどんな中学生になるか?元がどんな高校生になるか?
元がどんな大学生になるか?元がどんな男になるか?元がどんな大人になるか?そして元はどんなお父さんになるのか?

元の未来がとても楽しみです。

最後にもう一度、二分の一成人式、おめでとう。

2010年2月6日 とおさんより

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.11.17

丹沢湖畔の紅葉

久しぶりに書きます。

Dscn2089

今日、「仕事」で丹沢湖畔に行ってきました。
心配していた天気も、現地が近づくにつれて、雨もやみ、楽しい散策ができました。

たまにゆくと、とっても癒されますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.06

アイの物語 山本弘

アイの物語 山本弘

簡単に紹介すると未来の人間とマシンの歴史。悲しくて切なくて、バーチャルで、それでいてリアルである。

遠い未来、人間社会が衰退し、マシンに管理されている社会。そんな中で物語が好きな男性がマシンに捕まり、マシンが語る物語を聞く。

ブレイクスルー(マシンが心を持つ?かな)するためには、ロボット達は正しい人間に育てられる必要がある。人間の良い部分、悪い部分をすべてみたロボットたちは、いずれある選択をする。

この本には人間よりはるかに人間らしいマシンがたくさんでてくる。そして彼らの会話には、マシンだけが理解できる概念としてi(アイ)が登場する。虚数単位のi(アイ)のことらしいですが、文系である私にはさっぱりわかりません。

7つの別々に書かれた物語を、紡いで一つのストーリーにしている
作者の現在(いま)に対する強烈なメッセージを勝手に感じました。

有名なサイトで紹介されていて、手帳にメモしていたものを今回読んでみた。
久しぶりに面白かった。おすすめです。
SFなんてと思っていた人(まさに私のような)に最適かと・・

作者による紹介はこちら、僕が読むきっかけになった有名ブログはこちら。紹介いただいて感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.25

羽生善治氏と白石康次郎氏

今日は棋士 羽生善治氏と海洋冒険家 白石康次郎氏の対談形式の講演を聞いてきました。

二人は最近、勝負師と冒険家という対談本も出しています。
とっても中がよいらしく、楽しい対談でした。

二人が話したいくつか印象的な言葉を引用し、コメントしてみます。

■将棋の世界には、「反省するけど後悔しない」という言葉がある。(羽生氏)

 今回の講演のテーマが「納得できる道を歩くために」だったからかもしれません。
 勝負の世界の第一線の方の言葉には説得力があります。

■「諦める」とは「明らか」にして「見極める」ことである(白石氏)

 最年少でヨットで世界一周し、ソロのヨットレースにスポンサーを募って出場する白石氏。
 「決断」とは「決めて」「断つ」ことだととも言われていました。

■地球は縦にはしると季節が変わる、横にはしると時間が変わる(白石氏)

 ヨットの中では4つの時間があるそうです。時間が決まったものであるという感覚はないそうです。

■頭を休めることと身体を休めることは別。(羽生氏)

 考えることに限界はないが、根気に限界はあるそうです。
 頭を休めるこつはという質問いは「ぼーとするのが一番」応えていました。

■ 「いつ死んでもいいように生きています」

この人は武士のようです。

ここで、会場からでた質問に応える形で、二人が紹介した本を紹介します。

(羽生氏)
歴史の方程式—科学は大事件を予知できるか  
著者:マーク・ブキャナン
出版社: 早川書房 (2003/11)

(白石氏)
『菜根譚』
※中国の古典のようです。

羽生氏は1970年生まれ、白石氏は1967年生まれ、年齢が近いせいか、勝手に親近感を持ってしまいました。頂上を極めたと見える二人ですが、全然これからと声を合わせて言っていたので印象的でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.07

WAKA WAKA -南アフリカのワールドカップのテーマソング

南アフリカのワールドカップのテーマソング、聞いててとっても元気になります。
思わず紹介。

WAKA WAKA - This Time for Africa -
by Shakira

以下の部分がいいです、思わず踊りそう。サッカーを見に行っているような気分になれます。

Tsamina mina Zangalewa
Cuz this is Africa
Tsamina mina eh eh
Waka Waka eh eh
Tsamina mina zangalewa
Anawa aa
This time for Africa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.04.16

ネットネイティブな息子たち

ネットネイティブな息子たち

小学4年生の次男。

最近、僕のiPhoneに往年の名ゲーム、Final fantasy 2を
入れました。iTuneで動買いしました。青春をかけたゲームの一つです。

最近、小学4年生の次男もプレイしています。

ある朝起きると彼が母親のノートブックを横に置きながら、
僕のiPhoneでゲームをしています。

「何しているの?」と聞くと

「攻略サイト見ている」と返事が返ってきました。

「ほ〜」

母親のノートブックを自分で勝手に起動して、グーグルで
検索し、ゲームの攻略サイトを見てました。

彼らが持っているDSやPSPも無線LAN経由でネットに
つながりますので、お試しソフトダウンロードは
けっこう頻繁にやっているようです。


Youtube(動画)の利用もすでに日常化しています。

任天堂のWiiのブラウザ上ですが、付属している
ブラウザでYoutubeに接続し、動画を見て爆笑しています。


学校の宿題での調べ物もまずはネットです。

先日中2の長男が長谷川等伯について調べていました。

WikiPediaに接続し、印刷して切り貼りするだけ。

「それでいいの?」、本当にびっくりです。

調べるのに、まず最初に図書館や本屋に行った時代は
もうとっく終わっているのは分かっていました。
でも、自分の息子がそれをやっていると、
「本当にそれでいいのか」と改めて考えてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.09

almaの白石経

almaというバンドを知っていますか?

このバンドの白石経くん、なんと、知り合いです。

彼が小学生の時の担任が僕の友達(ゴリ)でした。その友達主催のキャンプにて、彼が親子で参加者として、僕がリーダーとして初めて会いました。彼は小学校4年生くらいだと思う。

先日書いた「ののやまさんの結婚パーティ」でお母さんと一緒に来た彼に15年振りくらいにあいました。
あまりに変わっていたので、正直最初わからず・・・目だけは当時と同じだった。

そしたらなんと、メジャーデビューを果たしているミュージシャンでした。

「すっげー」というわけで、宣伝。

おじさんだからはずかしくない。宣伝された本人が恥ずかしいかも・・

alma 公式サイト 
http://www.alma.vc/

プロの撮った写真ってすごいね。最初これだけみたらわからんよ。

ブログ
http://www.alma.vc/blog-0.html

Twitterもしてる見たい、本人かどうかは保証できません。
http://twitter.com/keishiraishi


CDはamazonで注文済み、がんばって聞いてみる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ののやまさん、おめでとうございます